SEO対策で集客できるホームページ制作

ホームページを作ることになったけど、どうやって集客すればよいか分からない。ホームページで実際に集客するために、どのような対策があるのかを知りたい。

今回は、ホームページへ集客する方法について、その中でも無料で取り組めるSEO対策について詳しく解説していきます。

1. ホームページへの集客方法

ホームページへ集客する方法として、大きく分けると、有料・無料の2パターンがあります。

有料の集客方法としては、インターネット広告を使う手法です。代表的なものに、リスティング広告、ディスプレイネットワーク広告、SNS広告、アフィリエイトなどがあります。いずれも新規サービス・商品の認知度をあげたい場合など、アクセスや問い合わせを短期間で集めたい場合に向いており、即効性があります。

一方で長期的に見ると、継続的に、安定してサービス・商品を購入してもらいたい場合、有料広告は向いていません。

無料でできる集客として、SEO対策、SNS投稿、プレリリース配信などがあります。
こちらはコンテンツを充実させることで、長期的に顧客を獲得していく方法です。全ての方法をまとめて実施すればよいわけではなく、優先度を意識しながら、必要な対策を実施していきましょう。今回はその中でもSEO対策について詳しく見ていきます。

なお、Webサイト・サービスを使った集客については、「Web集客(マーケティング)とは?」にその運用方法と特徴を整理しておりますので、合わせてご覧ください。

2. SEOの仕組み

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で検索エンジンの最適化のことです。制作したホームページがGoogleやYahoo!で検索された際に、検索結果で上位に表示させるための一連の施策のことをいいます。

検索したユーザーのニーズを満たすと判断されたホームページは、検索結果の上位に表示されます。見込み客が自社の商品やサービスに対して、どのようなキーワードで検索するかを予測し、そのキーワードで上位表示をするページを作成するのです。

有料の広告と比べると即効性はありませんが、上位表示することができると、リスティング広告のように費用をかけずに、見込み客をホームページへ集客できるので、取り組む価値があります。他の集客方法とも組み合わせながら、長期的な視点で時間をかけて、ホームページのコンテンツを増やして、対策をしていく必要があるでしょう。

SEOを対策するにあたり、まずはSEOの仕組みを理解することが重要です。

Googleではクローラーと呼ばれる、インターネット上に存在するテキスト、画像、動画などあらゆる情報を取得し、その結果を自動的にデータベースを作成するプログラムのことです。クローラーは膨大なサイトを巡回し、データやキーワードをデータベースに保存していきます。そして、検索情報に関連するページをアルゴリズムに基づいてランキングをつけ、検索結果に表示します。

検索結果で上位に表示されるためには、検索エンジンに対して作成したページのコンテンツの質が高く、上位表示してよいかどうかを判断する必要があります。この判断をするのが、検索アルゴリズムなのです。アルゴリズムはアップデートされ、その判断基準は変化します。つまり、検索結果の上位を一度取れたとしても、いつまでも同じ順位を維持できるわけではありません。

検索表示で上位を取るためのアルゴリズムについて明示はされておりませんが、コンテンツの文字数が多いからとか、キーワードが多いから質が良いと判断されるわけではありません。特定のテーマについて広く網羅されていたり、特定のテーマについて深堀りしたコンテンツを作ることが重要です。

つまり、ユーザーの検索意図に沿った内容が重要であり、ユーザーの悩みを解決してくれる、ユーザーにとって価値のある、良質なコンテンツページを作ることができれば、検索上位に表示されるのです。

3. SEO対策のメリット

それではSEO対策をした結果、得られる効果やメリットについて整理しておきましょう。

3.1 集客力がアップする

Googleの検索結果ページはリスティング広告(有料)とそれ以外のオーガニック検索(無料)の結果が合わせて表示されています。Googleで上位表示させるためには、費用をかけて広告として載せるか、SEO対策をして上位表示を目指すかのどちらかしかありません。

そして、みなさんも経験があるかとは思いますが、何かキーワードで調べた時、上位に表示されたサイトからチェックすることが多いでしょう。1位に表示された場合と、10位に表示された場合ではクリック率が大きく変わるのです。

検索結果の上位に表示されることで、ホームページへのアクセスが増え、結果的に問い合わせが増えたり、商品やサービスの購入へつながることになります。

3.2 ブランディング効果がある

Googleが紹介してくれたサイトを上位から順番にチェックするように、検索結果で上位に表示されることで、その業界や分野で、有名な企業・商品・サービスであると認識します。

リスティング広告とは違い、オーガニック検索には、Googleがおすすめしているという安心感や公平性を与えます。つまり、SEO対策することで、自社のブランド向上やブランディングにも効果的なのです。

それに加えて、現在は、ネットで情報収集するのが当たり前の時代です。例えば何か商品を購入する場合、サービスの導入を検討している場合、ほとんどの人がまずはネットで情報を検索してみます。多くの人が検索エンジンで情報を収集することから始めているのです。だからこそSEO対策で多くの人に見てもらうという価値は非常に高いでしょう。

3.3 ランニングコストをおさえる

SEO対策自体は無料というのもメリットです。リスティング広告やその他広告は広告を載せる場合に、費用がかかります。広告を出し続けている限り、広告費用はかかってしまいます。

それに比べると、SEO対策自体には労力はかかるかもしれませんが、SEO対策で上位表示が取れてしまえば、ホームページへのアクセスが増え、集客できるので、ランニングコストがかかりません。

4. SEO対策のデメリット

続いてSEO対策のデメリットについても見ていきましょう。

4.1 効果が出るまでに時間と労力がかかる

リスティング広告であれば、広告を打ち出したその日から、アクセスが増えて広告の成果を実感できます。しかし、SEO対策ですと、効果が出てくるまでにはかなりの時間がかかります。上位表示がすぐに取れるわけではありません。

それは、Googleがサイトを見つけて、分析し、評価するまでに時間がかかるからです。ホームページを制作してから、多くの良質なコンテンツを増やしていかなければなりません。社内で対策するにしても、業者に委託するにしても労力はそれなりにかかるでしょう。アルゴリズムも頻繁に変わるため、上位表示されてからそれを維持するのも大変です。

そして検索結果で上位表示されることが最終目的ではないはずです。SEO対策の効果が出るようになり、アクセス数が増えてから、ユーザーからの問い合わせや商品・サービスの購入までとなると、さらに時間がかかることでしょう。長期的に評価していく必要があります。

4.2 SEO対策による効果測定は難しい

リスティング広告やアフィリエイトでは、広告を載せた直後から問い合わせが増えたり、サービスの契約につながるといった効果が非常に分かりやすいです。これは短期間で効果が出るためです。

しかしながら、SEO対策はじわじわとその効果が現れてくるため、様々な集客施策をうっている場合、SEO対策による効果というものは測定しづらいです。ですので、無料で対策できるといっても、そこにどれぐらい時間や労力をかければよいかの判断が難しくなります。

4.3 アクセスが成果につながるわけではない

SEOを十分に対策し、ホームページへのアクセス数が増えたとしても、それが問い合わせや契約などの成果につながるとは限りません。アクセスと成果はまた別の問題なのです。

検索ではあくまでも、問題を解決するための情報を無料で探している場合が多く、そのページで問題解決ができれば、ユーザーは満足します。ですので、SEO対策だけではなく、商品やサービスへの導線も意識した、ホームページを設計・制作する必要があります。

5. 上位表示されるためのSEO対策

それでは、具体的なSEO対策としては、どんなものがあるでしょうか。その一部をご紹介します。

5.1 Googleに高く評価されるためのポイント

それでは、検索エンジンに高く評価してもらうためにはどのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。具体的には以下のポイントがあげられます。

・目次、見出し、小見出しといった構造で設計されており、サイトが分かりやすいこと。
・関連キーワードが含まれており、コンテンツ自体が良質なものであること。
・外部からのリンク数、内部のリンクなどが充実しており、サイトが強いこと。
・SNSなどで多くシェアされており、高く評価されていること。

以上のポイントをおさえて、ホームページを内部向け、外部向けに対策する必要があります。

5.2 内部の対策

内部対策とはホームページ内のコンテンツに対して対策することです。

内部対策では、見出しタグ、画像タグ、内部リンク構造、バックリンクなど様々な要素に気をつけてください。内部リンクやサイト構造を意識することで、検索エンジンから評価の高いページとなります。

特に気をつけるのは、クローラーが読み込む箇所、ユーザーが見る箇所にキーワードが入っているかというかということです。まずは、以下の点にキーワードがあるかを確認しましょう。

・タイトル
・meta description(検索画面の説明文として表示される)
・見出し
・本文
・画像のaltタグ
・URL

5.3 外部の対策

外部の対策とはホームページの外部からの評価を高める対策のことです。

外部対策では、他サイトから自分のサイトへのリンクがある、被リンクの数を増やすことが重要です。他のサイトにリンクがあるということは、サイトの質が高く、紹介する価値がある、評価が高いと判断されるので、検索結果の順位を決める基準にもなっています。

5.4 EATを意識したコンテンツ

最後に、良質なコンテンツとは具体的にはどのような内容なのでしょうか?

そこで、Googleが良質なコンテンツかどうかの判断に使う指標として、E-A-Tという評価基準を提示しています。これまでのSEO対策の被リンク数やキーワードといった基準は、意図的に増やせる、信憑性が低くなるいう危険もあります。あくまでもコンテンツの内容を純粋に評価するための基準として、EATが重要視されるようになったのです。以下の3つの基準を意識してコンテンツを作成しましょう。

Expertise(専門性)
コンテンツの内容に関して、専門的な資格や経験などがあり、その知見を生かして作成されているかということです。例えば、法律の問題に関するコンテンツを作るのであれば、弁護士が過去の判例を基に解説すると、専門性が高いため、有益な情報であると評価されます。

Autoritativeness(権威性)
特定の分野で誰もが認めるサイトであれば、権威性は高くなります。例えば、何かを調べるときはGoogleで検索するというような考え方です。権威性のあるサイトは被リンク数が増えたり、コンテンツが引用されやすい傾向にあります。

Trustworthiness(信頼性)
サイトの運営が明確であれば、その発信している内容についても、信頼性が高いと判断されます。誰が書いているのかわからなければ、信頼性は低くなるのです。

6. まとめ

今回はSEO対策で集客できるホームページ制作について解説しました。
SEOのメリットやデメリットをおさえ、優先度を意識して、SEO対策を試してみてください。
GIVERではSEO対策に強いホームページを多数制作しておりますので、ぜひご相談ください。

7. お問い合わせはこちら

SEO対策で集客できるホームページ制作についてご理解いただけたでしょうか?

GIVERでは、お客様のニーズを分析し、目的や用途に合わせて、Webサイト構築から運用まで幅広くお手伝いさせていただきます。

まずはお気軽にご相談ください。

\お客様に合わせてご提案させていただきます!/

この記事を書いた人

giver-post